育毛剤の正しい選び方と使用方法

育毛剤を選ぶときは、頭皮に合ったものを長期連用することを前提として絞っていきます。肌に合わないものを使用すると抜け毛を促進するので、実際に使用して相性を確かめていくことです。人気のロングセラー商品はリピーターも多く、どれを選んでも失敗することはないでしょう。頭皮に合った育毛剤は頭皮が潤い、かゆみ・炎症などの不快感が消えていきます。使用感が悪いものは頭皮に合わないことが多く、長く使っていると肌質が変わってしまう場合があります。育毛剤は正しい使用法で使わないと逆効果になりかねません。ベタベタと皮脂が浮いた頭皮に使用しても吸収率が著しく悪いため、クレンジングと洗髪で毛穴内部の皮脂を落としてから使用しましょう。使用後は頭皮マッサージによってさらに浸透性をアップし、頭皮全体の血行促進も可能となります。

売れている商品を選ぶのが一番安全

育毛剤は数え切れないほどの種類がありますが、相性は実際に使ってみないと判断できません。育毛サロンで販売される育毛剤の場合は、敏感肌・乾燥肌・脂性肌などの肌タイプに応じた商品を用意していることが多いですが、市販・ネット通販の育毛剤に関しては区別されていないのが普通です。どれを選べばよいのか迷うことも多いでしょうが、売れている商品、つまりリピーターの多い商品を選んでおけば間違いないと言えます。最近は男女共用タイプの育毛剤も登場しており、肌タイプも問わないものが多いです。ドラッグストアや薬局、スーパーなどの実店舗では、売れ筋商品しか販売しない特徴があります。質問するのが恥ずかしくなければ、実際に店側のスタッフに人気の商品を紹介してもらうのもいいでしょう。人気商品は知名度が高く、ロングセラー商品であることが多いです。

正しい使い方をしないと本来の効果を発揮できない

高級育毛剤を使用していても、正しい使い方をしないと効果を実感しにくいです。発毛させるためには、育毛成分を毛乳頭に届ける必要があるため、毛穴が開いている必要があります。皮脂が固まって毛穴が閉じている状態では、育毛剤の効果が半減してしまいます。毛穴の状態は専門施設のマイクロスコープで診断すればわかりますが、自宅でも頭皮状態の変化によって大体判断できるでしょう。急に皮脂分泌が増えてきた場合、毛穴がつまっていると考えられます。クレンジングオイルなども使用して皮脂をスッキリと落としてからシャンプーをし、それから育毛剤を使用してください。髪はドライヤーで大体乾かせば問題なく、100%乾燥させる必要はありません。乾燥後に育毛剤を薄毛が気になる部分に塗って、頭皮マッサージですり込むように刺激していきます。